Xファイル

Xファイル Xファイルでモルダー役捜査官を演じていたデビッド・ドゥカブニーはある病気を抱えていました。1997年のこと、女優ティア・レオーニと結婚した人気俳優デイビッド・ドゥカブニーですが離婚してしまいました。原因は彼のセックス依存症とのこと。



《セックス依存症を公表》

2008年にドゥカブニー自らセックス依存症であることを公表、リハビリ施設に入所したあとに妻と一度別居したが、その後復縁し、結局2011年には再び別居に陥り、結果離婚に繋がってしまったのだそうです。

いくつかの報道によれば、顧問弁護士を通じて「セックス依存治療の施設に自発的に入所した」との声明を発表したドゥカブニー。そんなにも重症だったんですね。セックスばかりしていてうらやましいなあ~なんて思ってしまいますが、そんなナンパなものではないようですね。

《タイガーウッズで有名になった病気》

セックス依存症といえば記憶に新しいのがタイガー・ウッズです。そもそも「セックス依存症」という言葉が一般に知られるようになったのは、世界的プロゴルファーのタイガーウッズが浮気の謝罪会見を開いたことからです。

セックス依存症の具体的な症状は、セックスが頭から離れない、常に複数の相手とセックスをしてしまうというものだそうです。常にセックスが頭から離れないのは、俺も一緒!という方もいるかもしれませんが、本当にちょっと疑ってみても良いかもしれません。ただのスケベとはわけが違い、重症になると生活に支障をきたすかもしれません。

このことを病気と認定していない機関、専門家もいるようですが、アルコール依存症と同じ病気として治療に取り組んでいる医師もいるとのことで、深刻な病気としての捉え方もされているのは事実です。

実際、「セックス依存症」という言葉だけが独り歩きしてしまっているのが現状で、実際の症状についてはほとんど知られていないようです。セックス依存症を、不倫やポルノを見ることの言い訳にしているに過ぎないという偏見もあるようです。

セックス依存症の怖いところは、アルコール中毒などの典型的な依存症より、家族との生活へダメージが大きいところです。家族や友人に「あいつはセックスばかりしている堕落人間だ」と思われてしまう恐怖があります。

確かに、自分の身の回りにそういう人がいるとしたら、少し偏見を持った目で見てしまいます。もしも自分の恋人と会わせることがあっても、あまり気が進まないというのが本当の気持ちです。

但し、本気でセックス依存症に苦しんでいたというモルダー捜査官のような人に助けを求められたら、できるだけや優しくしてあげましょう。下心と病気はまったく別のものですから、あまり偏見を持たないようにしたいものです。

といいつつ、少しそんな視線も含めてもう一度「Xファイル」を見てみると良いかもしれませんね。