ダリル・ディクソンはどうしてこんなに人気?

リック・ダリル 「ザ・ウォーキングデッド」で一番好きなキャラクターは誰?という質問に対して、圧倒的に多くの人がダリル・ディクソンと答えています。特に、日本の視聴者の間ではダリルが主人公のリックを差し置いて高い人気をあつめています。 ダリルのポジションは、このドラマの中ではあくまでリックの相棒であり、グループではサブリーダー的な立ち位置です。確かに重要なポジションではありますが、どうして主人公であり、リーダーであるリックよりも遥かに高い人気を集めている理由はどこにあるのでしょう?

ここではダリル・ディクソンの人気の秘密について考えてみたいと思います。

《とにかく強い!圧倒的なヒーロー感!》

まず、最初に挙げられるのがダリルの圧倒的な強さでしょう。戦闘能力においてはグループのリーダーであるリックにもひけをとりません。メインとなる武器はクロスボウですが、ナイフやハンドガン、アサルトライフルやショットガンも難なく使いこなしてしまいます。
身のこなしも軽く、仲間をかばいながらであっても、まったく危なげのない立ち回りを見せてくれます。

基本的に単独行動が目立つダリルですが、大量のウォーカーに囲まれるなどしても機転を利かせて確実に仲間の元に戻ってきます。

他のキャラクターが窮地に立たされるとハラハラしてしまいますが「ダリルだったら大丈夫」という安心感があります。
どんな状況でも、圧倒的に強い…そんなヒーロー感もダリルの魅力の一つでしょう。

《時々見せてくれる意外な一面も魅力的》

普段はクールなダリルですが、時々見せてくれる意外な一面に惹かれてしまう、という女性も多いようです。
普段はワイルドに野生動物をクロスボウで飼って、そのままナイフでさばいて食べてしまうようなダリルですが、実は大好物はスパゲッティ…といった少しかわいらしい一面も見せてくれます。

また、何よりも仲間への強いこだわり、そして愛情が見られるシーンにグッときてしまうファンも多いようです。
時には意見の違いから口論になってしまい、一時的に離脱することになっても、仲間がピンチに陥ると、どこからともなく飛んでくるクロスボウの矢…何度もそんなシーンがありました。感情的になっても、いつも仲間を見守っている…そんな熱い仲間想いの一面もダリルの魅力でしょう。

《ノーマン・リーダスという俳優の魅力》

ドラマでダリル役を演じているノーマン・リーダスという俳優も注目を集めています。もちろん「ザ・ウォーキングデッド」以前にもドラマや映画に出演してきましたが、今作で大ブレイクしたと言えるでしょう。
特に日本での人気は絶大なもので、過去にノーマンが出演した作品のDVDも再販され、ヒットしています。

そんなノーマンですが、実は日本の千葉県で暮らしていた時期もあるようで、片言ではありますが日本語も話せるようです。「ザ・ウォーキングデッド」のプロモーションのために、リック役のアンドリュー・リンカーンと来日した際には、彼に嘘の日本語を教えてからかう、といったおちゃめな一面も見せてくれました。

このように、あらゆる角度から見てみると、ダリル・ディクソンというキャラクターが高い人気を集めている理由が見えてきます。
こういったポイントを頭に入れて、もう一度ドラマを観ると、もっとダリルが好きになってしまうかもしれません。