よき妻からひとりの女へ!『グッドワイフ 彼女の評決』

グッドワイフ 彼女の評決 セクシーなアメリカンドラマと言うと、普通は若くエロティックな女性が出てくる話をイメージするものですが、大人の色気や強さをアピールポイントとするドラマもあります。

『グッドワイフ 彼女の評決』はシリアスな裁判ものの物語です。長年家庭でよき妻としてふるまってきた主人公アリシアは、スキャンダルで夫が失墜したことをきっかけに弁護士として復帰すると同時に、女としても目覚めます。

《よき妻からひとりの女性へとかわった女性弁護士の仕事と恋愛》

2009年より放送されている『グッドワイフ 彼女の評決』は、法律・政治ドラマです。主人公はよき妻、よき母親として家庭におさまっていたアリシア・フロリックという女性で、ひょんなことから弁護士として復帰します。

これだけだと、セクシーさやエロティックさに関する要素はまるでないように感じるかもしれません。しかしアメリカドラマらしく、エピソードごとに主人公が扱う事件とは別に、恋愛についての話も展開されていきます。

主人公の夫だったピーター・フロリックは有名な検事でした。ですが、女性問題と汚職により辞任することとなります。おかげでアリシアは弁護士に復帰するのですが、話が進むにつれて上司のウィルと恋仲になっていくそうです。

《古い女性観と現代の恋愛感情のあいだでゆれ動く!》

もともとは先に女性問題を起こした夫が悪いのですが、本人は妻と別れるつもりはまったくなかったため、彼らは三角関係へと発展します。またアリシアも古い価値観にとらわれる女性のため、離婚を切りだすことができません。

おかげで3人は微妙な三角関係を維持したまま話が進んでいきます。よき妻であり、よき母親としてふるまっていた主人公が「ひとりの女」として成長していく様子は、なかなかに面白味があり、ドラマを見る人々を引き込むでしょう。

ですが、ストーリー自体は真剣に差別や犯罪について扱ったものも多く、全体的にシリアスな雰囲気で物語は進行していきます。つまり陰謀うずまく事件を法廷ものにし、大人たちの恋愛劇をミックスしたのが本作です。

《等身大で描かれる登場人物たちに、共感を覚える!》

さらに、多くの海外ドラマと違うのは、主人公をはじめとした主要人物たちは特別に優れた能力があるわけでもなければ、大金持ちでもありません。現代のアメリカ経済を象徴するように、生活に苦労する一般人たちが描かれています。

ですから、主人公アリシアが復帰した当初は仕事のブランクもあって同じ事務所の仲間からは期待されていません。事務所のトップも経費削減に頭を悩ませているなど、現代人の等身大の姿はきっと見る人の共感を呼ぶでしょう。

コメディやアクションと比べれば、だいぶ重たい話ではありますが、現代の大人のリアルな男女事情について知りたいならベストな作品です。軽いノリのドラマもいいですが、たまにはシリアスでセクシーなものもいいのではないでしょうか。