避暑地で繰り広げられるセレブな復讐劇!?『リベンジ』

リベンジ なにかしらの罠にはめられ、不幸のどん底を味わった主人公が復讐する話は、いつの時代も視聴者の心をとらえます。2011年の9月にはじまったドラマ『リベンジ』も、父親を殺されたエミリーが文字通り「リベンジ」する話です。

父親にぬれ衣をきせられた主人公、エミリー・ソーンを演じるエミリー・ヴァキャンプをはじめ、作中にはアメリカの上流階級のセクシーな大人の女性たちが数多く登場します。

2011年スタート、父親をおとしいれた人々へ復讐する女性のドラマ

『リベンジ』は2011年にアメリカで放送開始したドラマで、ひとりの女性による復讐の話です。物語はエミリー・ヴァンキャンプ演じる主人公エミリー・ソーンがハンプトンズに引っ越してくるところからはじまります。

話のメインは、父親をおとしいれたグレイソン家に仕返しをすることです。父の死に関わったあらゆる人物に、あの手この手で復讐を遂げていく様子は見事の一言に尽き、回が進むたびに謎が謎を呼ぶ展開からは目がはなせません。

最初のうちはすべてエミリーの思惑通りにいっていますが、次第にさまざまな要因が重なり、彼女にも予測不可能な事態へと発展していきます。上記のストーリーは魅力的ですが、『リベンジ』にはもうひとつ魅力的な部分があります。

舞台はセレブでいっぱいの避暑地!?ハンプトンズのきらびやかな生活

物語の舞台であるハンプトンズはアメリカ北東部の歴史的に有名な避暑地で、もっとも高価な住宅地です。ですから、当然住んでいるのはセレブであり、同ドラマに登場する人物の大半も富や名誉を手に入れた者ばかりです。

さらに復讐の最終目標であるビクトリア・グレイソンという女性は「ハンプトンズの女王」と呼ばれるほどの人物で、避暑地にいるセレブリティたちのトップに位置します。彼女たちの暮らしぶりは、見ている人々を魅了するでしょう。

美貌と権力を手にしている女性たちは、異性関係も派手であり、浮気などをしている人物も少なくありません。さらに主人公もグレイソン家に近づくため、同家の長男を誘惑して取り入ろうとします。

セレブリティたちによる人間模様と復讐劇が楽しめる!

つまり、このドラマの醍醐味はエミリーの復讐劇を楽しみつつ、セレブな女性たちの生活をのぞけるということです。単なる報復の話でしたらよくあるかもしれませんが、女性が主軸になっている復讐ドラマは珍しいのではないでしょうか。

ですが、男性がまったく活躍しないというわけではありません。むしろ、権力者として描かれている人物も多く登場するので、セレブな男性の生活も知ることができるでしょう。さらに、物語を動かす重要な役割をもつ人もいます。

さまざまな人物の意思と目的が交差することで展開していくストーリーには、アメリカドラマ特有の面白さを感じることもできるでしょう。アメリカンなセレブの避暑地での暮らしを知りたいなら、ぜひご覧になってはどうでしょうか。