プリズンブレイク

Prison Break 脱獄ものの映画やドラマは、いうなればクライム・ドラマの華。これまでも何人もの脱獄囚が脱獄を企ててきました。そんな類似ドラマ・映画と共に紹介しましょう。



アルカトラズからの脱出

脱獄ドラマの頂点といえば、やはり『アルカトラズからの脱出』ではないでしょうか?こちらは映画ですが、クリント・イーストウッドが主演して迫力の演技を見せています。実在した刑務所として有名なアルカトラズに収監された犯人は、このままここにいては生涯娑婆に出られることはないと、時間をかけて決死の脱獄計画を練ります。

その結果、脱獄に成功してその後はまったく消息がつかめない犯人ですが、その執念の脱獄ぶりはイーストウッドの名演により際立っています。そしてこれは実話です。

ショーシャンクに空に

そして、脱獄ものといえばアカデミー賞を総なめにしたこの作品を忘れてはいけません。「ショーシャンクに空に」です。罪なき罪を背負わされて投獄されてしまった主人公の有能な銀行員を演じるティム・ロビンスが、刑務所内の人間関係を通して汚職に腐敗した刑務所の中でも希望を捨てずに生き抜いていくヒューマン・ドラマです。

原作はなんとあのホラーの帝王・スティーブン・キングの中編小説『刑務所のリタ・ヘイワース』です。主人公がリタ・ヘイワースのポスターに隠したのは秘密の通路だった…。無実の主人公が最後に逆転するさまや、年老いた犯罪者が娑婆に出てからの生活の困難さがとてもリアルに迫ってきます。

さて、『プリズンブレイク』は副大統領の弟を射殺した容疑で逮捕されて死刑判決を受けた兄を主人公マイケル・スコフィールドが刑執行から救い出すために綿密な計画を備えて刑務所に潜入するという突飛な話です。しかも、自身の体に刑務所の設計図を模したタトゥーをいれることで、脱獄に役立てようというもの。

そのハードボイルな内容が最初のうちはアメリカ国内でもあまり受けなかったようで、日本では最初のうちDVDレンタルを1話のみ無料レンタルをすることで、続きを借りさせようと言う作戦を敢行していました。

その作戦は見事に的中し、その後このドラマは『24 -TWENTY FOUR-』や『LOST』と並び『三大海外ドラマ』のひとつとして人気を博しすっかりレンタルショップの常連になっていました。

刑務所には誰もが入りたくありません。しかし兄弟が死んでしまうかもしれないという危機に瀕したとき、あなたは何をしてあげられるでしょうか?

そして、このドラマは、兄弟愛とともに人間が生きるための術がかくされているのです。どんなことをしてでも生きていくんだ!という力強いメッセージには、凡百のクライム・ドラマとは一線を画した力強さと生命力に溢れています。