NIKITA ニキータ

ニキータ 「NIKITA ニキータ」は、リュック・ベッソン監督の1991年の映画『ニキータ』、及び1993年のリメイク版映画『アサシン 暗・殺・者』から派生したテレビシリーズです。





《ニキータのその後を描く》

リュック・ベッソン版『ニキータ』の「誰も知らない’’3年後’’の物語」ということで、映画を観てファンになった方にも楽しめる内容になっています。但し1997年のテレビ版のキャラクターも登場するなど、細かい設定は異なっており、これまでのリメイク作品とは異なり、初めてアジア系女優マギーQがニキータを演じています。

ストーリーは、米政府の秘密組織「ディヴィジョン」の優秀なエージェントかつ暗殺者だったニキータが、同組織を抜けて以来、3年ぶりに姿を現したところから始まります。

かつて、6年前に死刑を言い渡されたものの政府の秘密組織ディヴィジョンにリクルートされ、選択の余地なくプロの暗殺者に育て上げられた彼女。本人の意思とは裏腹に並外れた才能を開花させるが、暗殺者の掟に背き一般男性ダニエルと恋に落ちてしまったため、彼を組織に殺

3年間消息不明だった彼女がディヴィジョンへの復讐を果たし、組織に囚われたエージェントたちを救うために戦いを開始します。恋人との甘い生活、平穏な日々を手に入れたと思った彼女が組織を憎む気持ちは深いものがあります。

ラブシーンでは甘い関係を漂わせていますが、マギーQ演じるニキータ自身のビジュアルは、長く伸びた太ももにタトゥーが入り、相当エロい感じです。暗殺者でなおかつタトゥーの入った女性とのセックスなんて経験できるものではありません。

こういう激しいセックスになりそうな女性とベッドを共にする際には、何度求められても良いように、バイアグラを用意しておくと良いでしょう。いざというときにEDになってしまい下半身がいうことを効かずに彼女を満足させることができなかったら殺されてしまうかもしれないのですから。こちらも必死になって彼女をイカせることに一生懸命にならないといけません。

まあ、もちろん現実にはそんな女性とベッドインすることはないにしろ、女性を満足させられない恐怖は常に男性にはあります。「もし勃たなかったらどうしよう…」そんな心配をする前に、事前に準備をしておくのが大人の男性というもの。現在ではバイアグラのジェネリック品も発売されており、比較的安価で入手できますので、いざというときに困らないようにED治療専門クリニックに足を運んで処方しておいてもらいましょう。

激しい気性を持った女性と付き合っている人は、是非この「NIKITA ニキータ」を見て、女性の扱い方を学ぶと良いと思います。但し、一度見たらそのまま見入ってしまう可能性がありますので彼女の魅力には充分注意してください。