何度にもわたってリメイクされた名作『ニキータ』

ニキータ 同じ海外ドラマ好きでも『ニキータ』というタイトルを聞いて、思い浮かべるものは世代によって異なるでしょう。なぜなら1990年に作品が発表されて以来、人気だったためか、映画やドラマとして何度かリメイクされているからです。

一番新しいものは2010年からはじまったドラマシリーズであり、全4シーズンで完結します。連続ドラマとしては長過ぎず短すぎないちょうどいい尺なので、海外ドラマは見たいけれど長編ものは疲れる、という方におすすめです。

《大元は1990年にまでさかのぼる!?フランス制作の原作》

『ニキータ』はもともと、1990年に発表されたフランス映画で、リュック・ベッソン監督によって制作されました。同作は1993年にアメリカでリメイクされ、さらに1997年にはカナダでテレビドラマシリーズが作られたようです。

そして2010年になると、今度はアメリカでテレビドラマシリーズとして新たに放送されました。それぞれ細かい設定は異なりますが「処刑が決まった主人公の少女が、命を助けられるかわりに暗殺者になる」という点は一緒です。

リメイクでありつつも、最新の『ニキータ』は最初のフランス映画版の3年後の物語となっており、事実上の続編と言えます。ただ、カナダ版の設定なども取り込んでいるので、ややパラレルワールド的な設定になっているようです。

《あのドラマとうりふたつの設定!?最新版『ニキータ』》

ストーリーは、アメリカ政府の秘密組織に所属していた主人公ニキータが、組織に恋人を殺され復讐を誓うというものになっています。さらに、実は組織が政府を隠れミノにした犯罪組織であるという設定であるそうです。

アメリカのアクションドラマ好きは、上記を読んで「どこかで見た設定だ」と思ったかもしれません。なぜなら、暗殺者かスパイかという違いはありますが、設定の多くが2006年まで放送されていた『エイリアス』にそっくりだからです。

殺された恋人の名前がダニエルであるところまで同じであり、一種のオマージュと考えることもできます。そして主人公もセクシーな女優が演じているところも一緒ですので、『エイリアス』が好きだった人は色々と楽しめるでしょう。

《セクシー衣装は、他のドラマを圧倒するほどにだいたんなもの!》

また、最新作であるアメリカドラマの『ニキータ』は主役をハワイ出身のアジア系女性がつとめており、他作品とは違った色気をかもしだしています。アジア女性ならではの、セクシーシーンも本作の見所のひとつでしょう。

くわえて衣装もきわどいものが多く、特に1話のはじめでは思わず興奮がおさえられなくなるほど、だいたんな赤い水着姿が登場します。もしかすると不快に感じる女性もいるかもしれませんので、一緒に見る相手は選びましょう。

おそらくアクションが豊富なドラマが好きなら楽しめるはずです。時間に余裕があれば1990年の映画版のものや、カナダ制作のドラマ版と見比べてみるのもいいかもしれません。近年のなかでは、特におすすめなドラマの一本です。