学生寮の男と女のセックスライフ GRREK

GRREK 2007年のアメリカのドラマ「GREEK ときめきキャンパスライフ」は、理科系のオタク男子が大学で真面目に勉強しようと新生活をスタートする物語。同じ大学に姉もいて、姉の元カレと今カレも学生寮で一緒に暮らしています。男子も女子も皆セックスのことしか考えていない中で、主人公ラスティが周りに振り回されながら成長する姿を描いた青春ドラマです。


マイナーな出演者ばかりなのに面白い

主演者はほとんど無名の俳優ばかり。主人公ラスティ役のヤコブ・ザッカーは、映画「ゾンビ・ハイスクール」に出演しています。オタクの高校生の役で、授業中に居眠りをしていると、気がついたら周りがゾンビだらけになっていた、というナンセンスな映画です。

ラスティの姉ケイシーを演じているのは、スペンサー・グラマー。父親のケイシー・グルマーは俳優で、ドラマ「チアーズ」で2度エミー賞をとっていますが、スペンサーも父親ともにこのドラマに出演していました。ケイシーの元カレ役は、スコット・マイケル・フォスター。ドラマ「カリフォルニケーション」「メル&ジョー」「LAW&ORDER」などに出演しています。

ケイシーの今カレ役は、ジェイク・マクドーマン。ほとんどゲスト出演のドラマ経験しかなく、「コールド・ケース」 「CSI」「チアーズ」などに出演しています。無名人の中で、ラスティの部屋の同居人役のクラーク・デュークはそこそこ売れている俳優です。子役出身で映画出演も多く、架空のドキュメンタリーである「モキュメンタリー」形式のドラマを自分で演出したりもしています。

学生たちのセックスドラマ

アメリカの大学は「寮」に入ることが普通ですが、このドラマの舞台は「フラタニティ」(男子寮)と、「ソロリティ」(女子寮)。男子寮「カパ・タウ」に暮らす学生たちは、女子寮「ゼータ・ベータ」の女子たちを、自分たちのパーティに誘うことに必死。ライバルの男子寮に負けないようにあれこれと知恵を絞ります。

あちこちで男女がくっついたり離れたり、中にはゲイの男子もいたりして話がこじれていきます。どうしたら女の子とセックスできるか、を毎日真剣に考える男子たちの奮闘話はよくあるストーリーですが、軽いドラマとして楽しめます。

「GREEK」は軽い青春コメディとして、とても楽しめるドラマです。