ニューヨークのセレブ高校生たちの純愛セックス、ゴシップガール

ゴシップガール 「The O.C.」のスタッフがつくった2007年スタートのドラマ。セシリー・フォン・ジーゼザーの処女小説が原作です。ティーン向けのかるい小説ですが、400万部のベストセラーとなりました。

ニューヨークのマンハッタン、アッパーイーストに暮らす大金持ちの高校生たちの生態を、ゴージャスにエロティックに描いたドラマ。「ヤング版セックス・アンド・ザ・シティ」と言われますが、構成上も似ているところがあり、最初と最後に「語り手」がいて、話をまとめる役割をしています。「語り手」の最後の決めセリフは「XOXO」。

ティーンの間ではやったメール用語で、「X」は「KISS」の略号、「O」は形から「ハグ」を意味します。「XOXO」で「キス&ハグ」という意味になります。親しい相手へのメールの最後のしめくくり。若者たちが一番欲しいのは、結局、キスとハグだと考えるととても純情なドラマです。

《友達同士でセックスするのは平気!?》

主人公のセリーナはかなりの遊び人で親友のブレアとつるんで、学校の人気者。ふたりは学校を支配しています。ひょんなことから、ブレアの彼氏のネイトとセックスをしてしまい、複雑な関係が生まれます。ブレアは処女を大切に守っていたので、まだネイトとは寝ていませんでした。そんなことから三角関係がうまれ、さらに幼馴染のチャックとブレアとの恋愛模様が加わります。結局ブレアはチャックとセックスしますが、セリーナは、今度はネイトではなく、別の男子ダンと結ばれます。

次々とつきあう相手を変えつつ、それぞれが真剣な恋愛という、ありえないような設定。女の子も男の子もその気になったらすぐに寝てしまいますが、そのくせ、いつもセックスと恋に悩んでいます。

《出演女子が大ブレイク》

主役のセリーナを演ずるブレイク・ライブリーは子役出身。2005年の映画「旅するジーンズと16才の夏」で人気を博します。この時すでに「色っぽい少女」でした。「旅するジーンズ…」の主役4人のうちブレイクを含む3人はいずれも大人気のスターに成長します。アメリカ・フェレーラはドラマ「アグリー・ベティ」に主演し大ヒット、アレクシス・ブレイデルはドラマ「ギルモア・ガールズ」に主演して大ヒット。そして、ブレイク・ライブリーはこのドラマで超大ブレイクします。

ブレア役のレイトン・マリッサ・クレア・ミースターは麻薬密売人の娘。刑務所で生まれています。「ロー&オーダー」「24 TWENTY-FOUR」「ヴェロニカ・マーズ」などに出演し、このドラマで大人気女優となります。現在は歌手としても活躍中です。

いくらでもお金をつかえる超セレブ高校生たちの生態をハチャメチャにえがいたドラマ。奔放にセックスをする反面、純情な愛をもとめる姿は、少しかわいらしくもあります。XOXO。